「テニスレッスン 指導等」
今日は4週タームの最終回ということで、
ゲームを意識した練習だった。

フォアハンドは前回から感じがつかめている。
今日も非常にいい形で出来ていたと思う。

平木コーチから、通常のレッスン以外でも
練習しているのかという質問をされた。
もちろん、週に一度の練習以外では全く練習するどころか、
ラケットを握ることもない。

コーチからそういった質問されるということは、
多少なりとも上達してきたと言うことなのだろうと、
少々嬉しかった(笑)


サーブの練習の際に、平木コーチから指導をいただいた。

サーブは、いわゆる包丁握りで握る。
手のくぼんだ部分(親指と人差し指の一番深い部分)が
グリップの8角形の一番左上の頂点に来るように握ること。

サーブを打つときは手のひらを外に返すようにして
スイングすること。

サーブの打点では、ラケットがまっすぐ上に
向かっていなくてもよく、むしろ少し左斜めになるような
感じでスイングすること。

今までの握り方と少々違っているので違和感を感じたが、
練習後半のゲーム形式での、サーブはだいたい入ったので、
修正できていたのかな、と。

ゲーム形式での練習で走り回ったので、ちょっと疲れた・・・。



【2008/01/27 23:26 】
| テニス | コメント(0) | トラックバック(0) |
「パソコンファームへCRTモニタを送付」
以前の日記でも記載したが、液晶モニタを購入したことにより、
不要となったCRTモニタをパソコンファームへ送付することにした。
http://jhjh0302.10.dtiblog.com/blog-entry-80.html

これも先日記述したことだが、現在では法の規制により、
原則としてパソコン及びその関連商品はメーカが回収することに
なっている。

メーカにより手続きが異なるが、やはりメーカにとって
直接的に利益を生まないこの回収部門は、
力が入っていない部門らしく、実際の回収までに時間(一ヶ月程度)
もかかる。

それならば、メーカ回収よりも安価で、かつ面倒な手続きも不要、
その上事前の連絡なしに一方的に送付すればいいという
パソコンファーム
http://www.highbridge-computer.jp/recycle/index.html
に回収を依頼することにした・・・
というよりも、こちらから一方的にCRTモニタを送付することにした。

8年ほど前に購入したモニタなので、箱は廃棄してしまった。
CRTモニタは結構大きく、またそれなりに重いので、
ある程度しっかりしたダンボールが必要となる。
私は、液晶モニタを購入した店へ連絡して、モニタが入るような
ダンボールをもらうことにした。

事前に連絡しておいたのだが、サイズを事前に伝えるのを忘れ、
お店の人には結構迷惑をかけてしまった。
意外とお店にも大きなダンボールはないようだ。
いただいたダンボールは、バックヤードでゴミ箱として使用して
らしき箱でした(笑)

帰宅後、早速、梱包作業を開始。
モニタを適当にプチプチで包み、それを段ボールにつめ、
仕上げとして、モニタとダンボールの間のあいた空間に、
新聞紙を丸めたものを緩衝材として、詰め込む。

その後、
送料の虎
http://www.shipping.jp/
で送料を比較。
予め、ダンボールの縦と横と高さ、さらに重さを測定しておくと
正確に料金を比較できる。

私の場合、ダンボールのサイズは、
縦約55センチ、横約50センチ、高さ45センチ
重さは17キロくらいになった。
重さは、体重計を利用して測定した。
(まず自分だけで体重を測定して、その後、箱を持って計測。
差し引きが箱の重さということ。)

送料の虎で調査したところ、
ゆうパックが一番安いことが判明した。
送料は1,700円なので、メーカに回収を依頼した場合(4,200円)
と比べ、なんと60%も安い。

たまたま、ゆうパックの送付状もあったので、
早速記入。

ゆうパックは電話連絡すれば集荷に来てくれる。
(郵便局等に持ち込めば100円安くなるが、こんな重いものを
運ぶ気にはならず・・・(^^♪)

郵便集荷担当職員に自宅まで来てもらい、
無事回収されていきました・・・

回収に来た郵便局の職員さんは、ベテランの人らしく、
箱の中にCRTモニタが入っていること、
送り先がパソコンファームであることから、
事情がわかっているようでだった。

メーカに依頼すると結構な費用がかかるが、パソコンファームなら
送料だけで引き取ってくれてお得だよね・・・とおっしゃっていました。
それくらい、パソコンファームは結構利用されているようだ。

なお、メーカに回収を依頼しても、郵便局の職員が集荷に来る仕組みと
なっているらしい。

CRTモニタは壊れていたわけではなく、
用途を限定すればまだまだ使えるはず。
願わくば東南アジア等、あのCRTがまだ現役で使用される
ところで、第二の人生を送って欲しいと思う・・・



【2008/01/27 14:59 】
| 日々のつれづれ | コメント(1) | トラックバック(0) |
「考えていること」
勉強は、まずゴールありき。
 プロセスは関係ない。
 どういう方法であっても、ゴールにたどり着いた者が勝つ。
 ※社労士受験者のブログで、勉強時間を記録しているものがある。
  時間を記録しておくことは全く意味のないこと。
  やっとことを詳細に記録しておくことは大変意義のあること。

では、どういう状態がゴールなのか。
 ゴール=本試験問題を解くこと(が出来る知識の獲得)
 
ゴールの方向はわかったが、
ところで、ゴールは自分からどれくらいの距離にあるのか。
 本試験問題を解き、ゴールまでの距離
 (自分の知識と本試験問題で問われる知識のレベル)
 を正確に知る必要あり。
 ※ゴールまでの距離をつかむことは大切なこと。
  必要な勉強量がつかめる。
  所詮、本試験問題で問われるレベルは実務で必要とされるレベルよりはるかに小さい。
  勉強はやればやるだけいいだろうが、四六時中勉強できるわけではなく、際限なく勉強することもできないため、自分と本試験問題のレベルをとにかく縮めることを最大の目的とする。
  ツールは最小限にすること。
  
ゴールの具体的な場所
 暗記カード・・・基本事項なだけに、完璧に仕上げる。
       暗記カードを利用して、バックボーンを作る。
       暗記カードを元に、他人に全体の制度を解説できるように。
 合格のツボ(択一式)・・・テキストの内容とあわせ、完璧に仕上げる。
 合格のツボ(選択式)
 テキスト・・・暗記のためのツールではない。
      本試験までには、あの項目が、テキストのあの部分に記載してあったなぁ・・・と思い出せるようになればいい。



 
  
【2008/01/27 00:52 】
| 時間管理・勉強法・早聞き等 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「安衛法 語呂合わせ」
・産業医を専属すべき事業所の要件
属で  な 産業医
 1,000 有害 500 産業医

・特定機械等
特定機械等2



【2008/01/24 23:42 】
| 社労士 語呂合わせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
「自習・・・」
勤務終了後、TACで自習してきた。
健康保険法の第1回である。

保険の入り口は労災・雇用保険と似ている。
どういった人を、わが保険会社のターゲットとするか、という
観点で見ると、興味がわく。


【2008/01/23 23:02 】
| 社労士 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「最近考えていること」
・ツールとしての暗記カードは相当に有効
 テキスト・問題集から入ると、バックボーンができにくい。まずは暗記カードで全体像をつかみ、バックボーンが出来てから、肉付けとして合格のツボ(択一式)やテキスト読み込みを行うほうが、効率よく知識の整理が出来る。

・制度があるところには、何らかのバックになっている考え方がある。
 わざわざこのような趣旨があるのはなぜか、考えることを惜しまない。
 社会保障制度であれば、どういう立場におかれたどういう人を救済しようとしているのか、考える。

・自分の言葉でアウトプットしてみることが大切
 input→自分→output 
 ある項目について、乱暴で雑でもいいから、一言で表現できるようになれば、8割方理解したことになると思う。自分の言葉でアウトプットできているかである。
 うだうだ一人芝居するような感じで知識を整理するのもいい。岡根先生がそういうやり方をしているようだ。

・択一式を解くルール
 まず選択肢を見る。
 文章として正しいものは○、誤りのものは×
 問題の指示として選択すべきものには✔する。

・選択式を解くルール
 まず自分で考えて、語句を書いてみる。
 それから選択肢を探してくる。
 引っ掛け防止の観点から。
 選択肢につられて、頭が混乱することもある。

・佐藤先生から
 結論として、社労士試験の勉強は、解く・覚える・読むの三つの要素しかない。
 合格のツボ(択一式)→暗記カード→テキスト読み込みのサイクルを繰り返すしかない。同じことの繰り返しなのである。
 本試験では、テキストの細かい情報から出題されることもあるので、テキスト読み込みはいずれ行わなければならない。
 


【2008/01/23 00:09 】
| 時間管理・勉強法・早聞き等 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「実力テスト 雇用・徴収・安衛編」
今日は実力テスト第二回(雇用・徴収・安衛法編)だった。
一部ネタばれの記述があるので、未受験の方は注意してください。


感想

選択式
暗記カードについては、ほぼ完璧にしておいたのだが、合格のツボ(選択式)まで手が回らなかったせいか、点数が伸びなかった。
合格のツボ(選択式)もやらなきゃいけないんだけど・・・という感じ。


択一式
残念ながら、3問落としてしまった。
こちらも合格のツボ(択一式)まで手が回っていなかった部分があるので、やむを得ないのであるが・・・。

うち一問は労働保険料の金額算定についてである。この問題は卸売業の労災保険率がわからなければどうしようない。あきらめるしかない。
まぁ、日付についてはあっていたのでよしとしよう。

他2問は雇用保険法と安衛法の問題である。
雇用はひっかけっぽい問題にはまってしまった。安衛法は完全にやりもれていた部分(第二回目の講義の内容)なので仕方がないか・・・。

自己採点の結果は81点。
せめて90点は取れないと・・・(涙)




【2008/01/22 23:15 】
| 社労士 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「社労士試験学習者のサイト等を見て」
社労士試験は、さすが受験者が毎年数万人になる試験ということもあり、
受験生のブログが数がたくさんある。
時間のあるときには、勉強方法を参考にさせてもらうため、そのブログ等をアトランダムに見ている。

ある人のブログを見た。
平成20年度合格目標の受講生(つまり今現在受験勉強中ということ)だが、
昨年も受験し、残念ながら不合格になった人だ。
昨年の試験直前3ヶ月間ほどのブログの内容に興味を持った。

やはり、直前期、気は焦る。
そこで、その人はいろいろと市販されている問題集に手を出してしまう。

しかし、直前期にこの方法は致命的である。
ましてや、時間のない社会人には、である。
問題集はインプットを確認するための手段であり、
知識を整理するための手段である。
問題集を解くことで、勉強しているという安心感を得たいという思いはわかるが、明らかに時間の無駄である。

問題集は、知識の整理をするために必要最低限のものに絞り、
直前期に新たなものに手を出すことは絶対にしないこと。

反面教師としたい。


【2008/01/20 21:14 】
| 社労士 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「今日のレッスン」
テニスレッスンで指導をうけたこと、感じたこと等。

・ボレーについて
 ラケットを出すときの脚がよく反対になる。
 手だけで球を打とうとして、足が後付けになっているためである。
 フォアハンドにきたときは、右に体を回転させる。
 バックハンドにきたときは、左に体を回転させる。
 そうすれば、足が反対になることはない。
 フォアであれば、左足、バックであれば右足を前に出すことになる。

・バックハンド
 右手の握り方が変。
(もう少し手首の方に引く。バイクでたとえるならば、アクセルをするような感じ)
 ラケットが下から出ている。
 フォアハンドと同じく、まず打点を意識して、打点からまっすぐラケットを引いて、そのまま水平にラケットを出すような感じで。
 スイングするときに、体から突っ込んでいるので、まず足が出なければならない(←理解不能)

・フォアハンドはだいぶ余裕が出来てきた(^_^;)

・サーブが全然入らない・・・。



 
【2008/01/20 20:59 】
| テニス | コメント(0) | トラックバック(0) |
「パソコン 液晶モニタ 購入」
本日、近所のパソコン専門店にて、液晶モニタを購入した。
19型スクエアタイプ、LG製で、機能としては本当に標準的なものを、
25,000円で購入した。

今まで使用していたモニタはCRTであった。
当面使用しないので、このモニタを押入れにしまっておくことにした。
しかし、その押入れには、別のCRTが保管されていたのだ・・・(笑)

我が家には、2台のパソコンがあり、
今回モニタを交換したパソコンとは別のパソコンの
モニタを2年ほど前に交換した。
そのパソコンのCRTが押入れしまってあったのだが、
この古いCRTを処分することにした。
(壊れているわけではないのだが、15型のCRT、コレを今から使用する機会はなさそうなのだ。)

家庭用のパソコンについては、資源の有効な利用の促進に関する法律に基づき、パソコンメーカーが引き取って、資源として再利用(リサイクル)することとなっているとのこと。
平成15年10月1日以前に販売されたパソコンについては、 処分の際にリサイクル費用が必要となる。
およその処分金額は以下のとおりであるようだが、詳しくはそれぞれのパソコンメーカーに照会する必要がある。
ノート型パソコン  3,150円
デスクトップ型パソコン  3,150円
ブラウン管型ディスプレイ 4,200円
液晶型ディスプレイ  3,150円

処分したいCRTモニタはソーテック社のものである。
ソーテック社webサイトにて手続きを確認する。
http://sotec.jp/recycle/index3.html

やはり、4,000円程度費用がかかる。
費用は致し方ないのかもしれないが、
手続きのフローは
回収申込→(約1週間)→請求書到着・振込等→(振込確認後約2週間)→回収伝票の到着→CRTの発送
ということのようだ。

回収までの時間がかかりすぎ(笑)
早くて3週間・・・、こんなものをずーっと置いておくと思うと、邪魔で仕方ない。

ネットで調べてみると、送料は自己負担だが、
無料で処分をする業者もある。
なんと、事前連絡不要、勝手にこちらから送付すれば
処分するという。
パソコンファーム (埼玉県)
http://www.highbridge-computer.jp/recycle/

送られてくるパソコン等は故障しているようなものもあるだろうし、無料で引き取ってどうするんだ・・・、という疑問が生じるが、
リフレッシュする、また故障していない部品を売ることにより、収益を上げているようだ。
パソコンは各種部品から構成されており、仮に動かなくなったとしても、
一部の部品に不具合があっただけで、その他の部品は利用できる
可能性は高い。

無料で処分してくれるとはいえ、送料は自己負担になり、
CRTともなれば、それなりに送料はかかるのだが、
メーカーに回収を依頼するよりも早く、
また、再利用される可能性もある。

無料で引き取っておきながら、不法投棄等している業者であれば問題だが、
少なくともこの業者については、安心できそうだ(業者のwebサイトから判断。)
早く処分したい、また、再利用してほしいという考えがあるなら、こういった業者を利用するのも一法である。


【2008/01/19 20:42 】
| 日々のつれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
「日経平均株価について」
昨日までの三連休で、NY株式市場はサブプライムローンの問題で大幅に下げ、また円高が進行していたので、連休明けの1/15の日経平均株価は大幅に下げるのではないかと思っていた。

昼のニュースでは、それほど株価が下がっていないので、おやっと思ったが、やはり午後から大幅に値を下げ、結局先週末比-138.16の13,972.63円だった。
日経先物225で全力売りできれば、よかったのだが・・・。
こんなにカンタンな相場はそうないのだが。


Eトレード証券は、予め株式口座に入金しておかないと、
先物口座に入金できない。
つまり、外からの口座だと、先物口座に入金するために
2日かかるのだ。

しばらくは、上値が重い展開になりそうだ。


【2008/01/16 00:23 】
| 株式投資 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「年明け初めての講義」
ほぼ一ヶ月ぶりに講義を聴く。
予習を十分にしたせいか、途中で眠くなることはなかった。

【2008/01/16 00:06 】
| 社労士 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「昨日のレッスン」
昨日、2日連続のレッスンを受けてきた。
体が慣れてきたせいか、疲れはあまり残らない。
ビギナークラスに異動して数回のレッスンは、体力的にきつかったが、徐々に慣れてきたか。
汗はかなり出たが。

平木先生と打ち合うレッスンで感じたこと。
大きくスイングして、大きく打ち返すイメージを大切にする。
ゆっくりスイングして、ゆっくり打ち返す(ような感じ)。
ボールを打つ瞬間には足を止めてスイングすること。
打点を中心に、ラケットを引く、フォロースイングを考える。
あくまでも、打点の位置でボールを捕らえることが重要だが、スイング全体から考えなくてはならない。

ボレーの練習で感じたこと。
球がラケットに当たる瞬間を見ることで、ボールを正確に
コントロールすることが出来ようになる。
必ず見ること。



【2008/01/14 08:20 】
| テニス | コメント(0) | トラックバック(0) |
「食事の量」
食事の量に気をつけなければならない年齢になってきた。
使用するエネルギーの量が減り、以前と比べて摂取するエネルギーを減らさなければ、体重が増加してしまう。

また、特に夜にいえることだが、満腹感を味わうまで食事をしてしまうと、
眠くなってしまい、その後、有意義な時間が過ごせなくなる。
夜の食事の量は、寝る前に少々おなかが減ったことを感じられる程度、を考えることにする。

時間管理という意味でも、食事の量に気をつけなければならない、と考えている。


【2008/01/13 10:31 】
| 時間管理・勉強法・早聞き等 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「株価チャート」

【2008/01/13 00:40 】
| 株式投資 | コメント(0) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム| 次ページ