「テニスレッスン 指導等」
今日は4週タームの最終回ということで、
ゲームを意識した練習だった。

フォアハンドは前回から感じがつかめている。
今日も非常にいい形で出来ていたと思う。

平木コーチから、通常のレッスン以外でも
練習しているのかという質問をされた。
もちろん、週に一度の練習以外では全く練習するどころか、
ラケットを握ることもない。

コーチからそういった質問されるということは、
多少なりとも上達してきたと言うことなのだろうと、
少々嬉しかった(笑)


サーブの練習の際に、平木コーチから指導をいただいた。

サーブは、いわゆる包丁握りで握る。
手のくぼんだ部分(親指と人差し指の一番深い部分)が
グリップの8角形の一番左上の頂点に来るように握ること。

サーブを打つときは手のひらを外に返すようにして
スイングすること。

サーブの打点では、ラケットがまっすぐ上に
向かっていなくてもよく、むしろ少し左斜めになるような
感じでスイングすること。

今までの握り方と少々違っているので違和感を感じたが、
練習後半のゲーム形式での、サーブはだいたい入ったので、
修正できていたのかな、と。

ゲーム形式での練習で走り回ったので、ちょっと疲れた・・・。



【2008/01/27 23:26 】
| テニス | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<パソコンファームへCRTモニタを送付 | ホーム | 健康保険法 語呂合わせ>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jhjh0302.dtiblog.com/tb.php/89-4d526e8f
| ホーム|