「公民権の保証 「十和田観光電鉄事件」」
公民権の保証 「十和田観光電鉄事件」
最高裁S38.6.21第二小法廷判決

<事実の概要>
Xは市議会議員選挙に当選したが、勤務していたYの就業規則では、従業員が会社の承認を得ないで公職に就任したときは懲戒解雇をする旨の規定があり、これに基づきYはXを懲戒解雇とした。

(問題点)
法7条「使用者は、労働者が労働時間中に、選挙権その他公民としての権利を行使し、又は公の職務を執行するために必要な時間を請求した場合においては、拒んではならない。但し、権利の行使又は公の職務の執行に妨げがない限り、請求された時刻を変更することができる。」と規定している。
Yの就業規則及び処分は認められるか。

<判旨>
Yの上告棄却。
・懲戒解雇なるものは、企業秩序の違反に対し、使用者によって課せられる一種の制裁罰であると解するのが相当

・法7条が特に公民としての権利の行使及び公の職務の執行を保障していることから、Yの就業規則における当該条項は法の規定の趣旨に反し、無効である。
・普通解雇に付することは格別、懲戒解雇に付することは許されない。


【2007/09/30 22:12 】
| 労働判例 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「長谷工コーポレーション事件」

別冊ジュリスト ナンバー13
賠償予定の禁止 「長谷工コーポレーション事件」
東京地裁H9.5.26判決

<事実の概要>
X会社には、本人の意思で応募したものを海外に留学させる、社内留学制度があった。
YはXに、留学にあたり、帰国後一定期間を経ずに特別な理由なくXを退職する場合には、会社が留学に際し支払った一切の費用を返還するする旨の誓約書を提出した。
Yは帰国後2年5ヶ月余りしてXを退職した。このため、XはYに留学費用847万円余りのうち、学費に相当する466万円余りの支払いを求めて提訴した。

(問題点)
法16条「使用者は、労働契約の不履行をについて違約金を定め、又は損害賠償請額を予定する契約をしてはならない」に反しないか。

<判旨>
請求容認。
・本留学制度を業務と見ることはできない。

・一定期間勤務した場合には返済債務を免除するという旨の特約付きの金銭消費貸借契約が成立している解するのが相当
・債務返済免除の基準はあいまいだが、消費貸借契約自体が成立していないとはいえない。

・労働契約とは別に(免除特約付きの)留学費用返済債務を負っているのであって、留学費用返済債務は労働契約の不履行によって生じるものではなく、法16条が禁止する違約金の定め、損害賠償請求の予定には該当しない。

(感想)
留学費用については、労働契約とは別個の債務免除特約付き金銭消費貸借契約を結んでいるという判断は、妥当だと思う。



【2007/09/30 11:49 】
| 労働判例 | コメント(1) | トラックバック(37) |
「最近、印象に残っているキーワードとか」
最近、印象に残っている言葉や考えていることなど、備忘記録として。

・頭に入ってしまえば、知識は決して奪われることはありません。
「南の島のたった一人の会計士」
 知識の財産は早いうちに築きあげておこう。


・雑学王になってはいけない。
 断片的な知識であれば、ウェブでいくらでも調べられる。
 
 1知識がつながっていて、その知識体系が把握でき、その知識のバックグラウンドを十分理解していること
 2知識を部分部分で取り出せこと、
 この2つか現代では求められているのではないか。
 専門家と素人は、断片的な知識がつながっているか、そうでないかの違いである、という気がする。
 

・現在、社労士試験を勉強している。
 それぞれの知識はすんなり理解できる。
 しかし、科目が多すぎで、きっと後日になれば忘れてしまっているだろう。
 覚えるべき範囲が広い上に、覚えるべき知識の量も多い。

 知識と頭はまるで本と本棚のようなイメージなのではないか。
 本(記憶すべき知識)が少ないうちは、本棚(頭)に適当に並べても十分整理可能だし、いつでも取り出すことができる。かえって、整理して本棚に並べるほうが時間がかかるかもしれない。

 まだ、労働基準法の最初しか勉強していない段階である。これまでの範囲くらいでは、知識の整理をしなくても知識を記憶にとどめておくことが出来る。

 しかし、本(知識)が増えてくるとどうか。適当に本棚に並べているようでは、どの本がどこにあるかわからず、また、本棚のキャパシティにも限界がきて、本が入らなくなってしまう。本が整理されていないから、本棚にちょっとゆさぶりが来ると、本が崩れて、本棚から本が落ちてしまう。

 今後、他の法律の勉強をするに従い、新しい知識を整理する必要があるが、すでに本棚に入っている本がめちゃくちゃだと、すぐに忘れてしまうことは目に見えている。

 したがって、
1知識を十分に整理して本棚に入れること。
2ときどき、本がばらばらになっていないかチェックすること。
3本棚に本を入れる時間は限られているので、無駄な知識や細かい知識の整理はとりあえず後回しにすること。
 という点を意識していくことにする。

1の知識の整理は、適当に本棚に入れるのと比べて多少は時間が掛かる。しかし、コストパフォーマンスというか、時間(もうしくは労力)対効果はこちらのほうがいいのではないか。
間違っても、知識の整理はインプット、すなわち基本テキストの精読で行ってはならないということ。
知識の整理はむしろアウトプットで行うのを是とすべしである。

2のチェックであるが、これは本棚が常に揺さぶられていて、時間とともに本が少しずつずれてくるというイメージ。ときどき整理しないと、本が落ちてしまう。

3は、私が十分に気をつけなければならないことだが、時間は無限ではなく、有限だし、貴重な資産である。本棚は基本的には無限のスペースがあるだろうが、本を本棚に入れる時間に限りがある。
無駄な本を本棚に入れる時間はないのである。



【2007/09/27 00:03 】
| 社労士 | コメント(0) | トラックバック(2) |
「メガロス千種 テニスレッスン第2回目」
本来は土曜日にレッスンを受講しているのだが、旅行の予定が入っていたため、振り替えて受講。
9/11(火曜日)19時からレッスンを受けました。

第2回目は、ボレーのレッスン。
グリップはコンチネンタルグリップ。
打点は自分よりも前。
ラケットの面は下を向けない。

・・・注意点はこれくらいだったかなぁ。
すぐに書き留めておかないと忘れてしまう。
【2007/09/24 19:27 】
| テニス | コメント(0) | トラックバック(0) |
「合格のツボ(択一式) 平成19年度版到着」
先日注文した「合格のツボ(択一式)」(平成19年度版)がエクスパックで昨日到着。早速TAC自習室で取り組んだ。

レベルとしては、LECの一問一答のレベルより少し難しい問題も入っているようだ。LECの一問一答カードは今後不要のようだ。

知識を体系化するための手段としては最適のような気がする。

【2007/09/23 09:51 】
| 社労士 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「第3回目のテニスレッスン」
メガロス千種での第3回目のレッスンを昨日受けてきた。
3回目は、スマッシュとサーブについてのレッスンだった。
本日は代理コーチでした。

先週ゲットしたシューズは今日が初日(^^♪
プリンスソックスとアディダスシャツも今日がデビュー!

(スマッシュ)
・ラケットの握り方はボレーと同じコンチネンタルグリップ。
 ラケットを立てて、フレームを親指と人差し指でつまんで、そのままグリップにおろしてきて、握る。
・一度、肩にラケットを担いでから、ボールを打ちに行く。
・左手は上方45度に上げておいて、右手を上げるのと入れ替わりで下に下ろし、へその辺りにもってくる。
・右手はそのまま振りかぶると、小指側が先に出てしまう→ラケットが左を向き、打球がまっすぐにならない。
 イメージとしては、意識して親指側を先に出すことによりラケットを正面に向かせる。この握り方だとそういうフォームをしない限り球が正面に飛んでいかない。
・打点は自分よりやや前方。ラケットはおでこの上から出る感じ。
・球を打った後の右手は、自然な感じで体の左側へ。
 不自然に体をひねることはしない。右肩が大きく左を向いてはいけない。

(サーブ)
・ラケットの握り方はボレー、スマッシュと同じコンチネンタルグリップ。
・レッスン第一ステップ
 スマッシュと同じ要領で、ラケットを肩に担いでから、球を上げ、そのボールをスマッシュと同じ要領で打つ。
・レッスン第二ステップ
 ひざ下にラケットを回してから、一度肩に担ぎ、球を上げ、ボールを打つ。
・レッスン第三ステップ
 右手…ラケットはひざ下→肩に担ぐ→球を打ちに行く
 左手…右手の動作にあわせ球を上げ、その後へそあたりへ持っていく。
・サーブもスマッシュと同様、小指側から先に腕が出ると、ラケットが左を向いてしまうので、意識して親指側から出すようにする。

相変わらず、コーチの指導は的確ですばらしいです。
素直に従うべし、です。
【2007/09/23 09:14 】
| テニス | コメント(0) | トラックバック(0) |
「TAC社労士講座 開講」
昨日(9/18)、TAC社労士総合本科生コース(9月)が開講した。

最初の講座は無料で受講が可能ということで、受講者は60人程度いたようだ。

教室の環境は別段問題なく、冷房が効きすぎで寒いということもなかった。
ただ、隣の教室(法人税法?)の講師の声が18時半くらいから聞こえてきた。結構うるさいが、こちらの講義が始まると気にならなくなった。

講師は佐藤先生である。腰の低い、ホスピタリティのある先生だと思った。
質問は大歓迎とのこと。だた、講義終了後だと、質問する人が列をなし、質問できるまで時間がかかりそうだ。
実際、3人ほど質問者がいた。

講義が始まるのは19時から。残業がなければ、18時には到着できると思うので、一時間程度は復習・予習に時間を充てることが出来そうだ。

席は、とりあえず右側の列の前から2番目にしてみた。
質問はしやすいかもしれない。
前の方に座るべきだと思った。

板書や講師が話した内容を直接テキストに書き込もうと思ったが、
ちょっと難しいようだ。
テキストに書いている時間がない。
ノートにメモ程度(キーワード)のものを書き、それをテキストに落とし込む、という方法がよさそうだ。
「ノートにメモ→テキストに清書」では、「テキストに直接書く」のと比べ多少時間がかかるが、先生の言ったことをもらさずメモするためには仕方ない。
まあ、テキストに清書するのは、それほど時間はかからないと思うが。

労働基準法の最初のほうは、やはり充分に学習した内容でもあり、特に理解しがたい点はなかったが、それでも講師の解説を受け、理解が不十分というか、考えが整理されていなかった点が浮き彫りになって、やはり総合本科生を選択して正解だと思った。家事使用人となる要件は今まで理解が不十分だったので、理解できてよかった。

復習は、現時点ではテキスト内の問題演習かテキストの読み込みを行うくらいでいい、という指示だったが、説明会の時に先生からご教示いただいた方法を試してみるべく、合格のツボの平成19年度版をアマゾンで購入することとした。
早く学習のリズムをつかみたい。

「講義→テキスト読み込みはせず、まずは合格のツボ→一問ずつテキストの記載箇所のチェック→合格のツボの復習」というのが、先生の理想とする復習のリズムであるとのことであった。

勝間先生の言われる、インプット1:アウトプット1を意識しつつ、復習のリズムをつかんでいきたいと思う。

なお、予習については、テキストをざっと見る程度でいいとのことであった。自分の目標としては、テキストの中の演習問題の解説を充分に理解できる程度の予習を行いたい。合格のツボはとりあえず復習用ということにしたい。

【2007/09/19 23:19 】
| 社労士 | コメント(0) | トラックバック(4) |
「テレビから得られる情報量」
テレビとの付き合い方について考えてみる。

ます、なんとなくバライティ番組を見ている時間は無駄以外の何ものでもない。

だいたいバライティ番組を見てどうなるというのだ。
得られる情報量はしれている。
時間つぶしなら別の方法があるだろう。
心がリラックスする効用を重視するなら、テレビでなくてもリラックスはできるはず。
笑いなら生で見たほうが絶対に面白いはずだ。
どうしても笑いが必要ならyoutubeで検索すれば腐るほどヒットする。
それに、だらだら見てしまう。

ニュースをだらだら見るのもよくない。
上述したが、急いで情報を得なければならない場合以外はネットや新聞を見たほうが早い。新聞なら興味のある記事をじっくり読んでも15分くらいで大体読めてしまう。というよりも、15分程度で読まなくては時間の無駄である。
テレビニュースの情報量も考えてみると、多くないことがわかる。

テレビは速報性に優れたメディアであることには違いないが、効率的に情報を得るためには、テレビニュースの視聴は情報の収集という意味では時間の無駄遣いになってしまうのだ。
勝間先生がいうように、情報の効率的な取り込みに慣れてしまうと、テレビのような情報量の濃度の薄いものは、情報の収集手段としては耐えられなくなるということだ。
必要な情報を探しながら読む新聞とは情報の濃度が違いすぎる。

つまり、テレビについては、視聴の目的(テレビによる速報性を認め、ニュースや気象情報の情報収集をするという目的 等)をはっきりさせた上で、情報収集の手段とすべきものであるということだ。

テレビは、今の私には必要ないかもしれない。
朝の時間管理の目的のためだけに必要なのかもしれない。
夜は不要のものかもしれない。
【2007/09/17 23:50 】
| 時間管理・勉強法・早聞き等 | コメント(1) | トラックバック(0) |
「整理整頓」
週末になると、ちょっと時間ができるので、日ごろできていない整理整頓をしたくなる。
でも、すぐに疲れてやめてしまう。
片付かないのは、部屋が狭いわけではない。
モノが多すぎるのだ。

モノを整理整頓するために、どれほどの時間と労力が必要なのだろう。
この片付かないモノ達は、日常生活にどれだけ役に立っているのだろう。

整理整頓は、モノを探す時間と労力を節約するための行為だと考える。
モノを探す時間と労力を節約するため、整理整頓をしているのに、
整理整頓に時間と労力がかかりすぎる。
これでは本末転倒だ。
時間も労力も限られた資源である。

整理整頓の能力がない人間は、モノを多く抱えていてはいけないのだろう。
役に立たないものは捨ててしまおう。

勝間先生が言うように、有形固定資産(ハード)を大量に持っていても仕方ない。お金があれば手に入る。
これからは、無形固定資産(ソフト)をどれだけ身につけられるかだ。

すぐに読む本でなければ、ブックオフでまた買えばよい。
在庫として持っているほうがコストが掛かることを自覚すべきだ。
服も、それほど高いものは持っていない。
新しいものを買えばいい。
街の真ん中に住んでいるのだから、基本的にはモノはすぐ手に入る。

スリムなバランスシートを目指そう。
少ない有形固定資産で効率的に生産する知の工場を目指そう。
「餃子屋と高級フレンチではどちらが儲かるか」の林先生が言うように、貯蔵品が積みあがっている会社はたいていうまく行っていないのだ。

【2007/09/15 00:46 】
| 日々のつれづれ | コメント(0) | トラックバック(0) |
「年金アドバイザー」
年金アドバイザー試験というものがあるらしい。
銀行業務検定協会主催だが、一般の受験も可能。
スケジュール
 試験日 平成20年3月2日
 申込期間 平成20年1月7日〜23日
 
 過去問書籍発売時期 平成19年12月?

3級は社労士受験レベル
ぜひ受験を考えたいと思う。
TACスケジュールでは試験までに国民年金までしか受講していないので、厚生年金の学習をどうするかが課題である。

http://www2.kenteishiken.gr.jp/b/result.php?num=44
【2007/09/10 23:02 】
| 社労士 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「メガロス千種について」
私は、メガロス千種でテニスレッスン受けております。
他の方の参考になればと思い、メガロス千種の印象を記します。

(以下、施設)
・オープンより間もないので、きれいで清潔感がある。
・駐車場は2時間半まで無料なので、隣接してあるイオン千種に寄って帰ることも可能。広さも十分あり(自走式2階建)
・受付の応対は特に不満なし。
・ロッカーやお風呂関係も清潔感があり。
・お風呂場は、サウナあり。洗い場は5つあり、それぞれが仕切られているので、隣の人の泡やシャワーが飛んでくる恐れは少ない。リンスインシャンプーとボディソープが各洗面台に配置。(キャンペーン中はリンス、シャンプー、ボディーソープがおいてあるようです。)
・更衣室には、ドライヤー、綿棒、ティッシュペーパーが配置。くしは持参しましょう。整髪料の類も持参すべし、です。

(以下、テニススクール)
・コーチが生徒をお客さんだと意識してレッスンしている。
 ホスピタリティをもって接している。
 十分に教育されていると感じます。
 予め時間割と担当コーチが決まっていますが、担当コーチ以外のコーチでも、前回レッスンの重複等はなく、問題ありません。
・ラケットとシューズは貸してもらえます。
・初心者コースはスタートクラスといって、グリップの握り方等初歩的なことを一から教えてもらえます。
・スタートクラスは、その上(初級者)のコースと同じコートでレッスンがあります。初級者コースがコートの3分の2、残りをスターとクラスが使用します。ネットでコートを仕切ります。(時間帯によってはスタートクラスで一面使用するかもしれません)
・初心者クラスは2ヶ月で修了で、その後は初級者コースに移行します。(自己申告で、3ヶ月以上在籍してもOKのようです)
・適度に休憩をとって、水分補給の時間を作っている。これは結構重要なことだと思う。ペットボトル飲料を必ず用意しましょう。
・インドアでカーペットコートが2面あり。

こんなところですが、参考にしていただければ幸いです。



【2007/09/08 22:40 】
| テニス | コメント(0) | トラックバック(0) |
「勉強法」
アマゾンの書評より(「働きながら3年で!公認会計士―最短合格の時間術・勉強術」)

「理論科目は教科書を暗記して、今度は教科書を見ないでどれだけ再現できるかという勉強法」

があるらしい。
試してみる価値はありそうだ。
【2007/09/08 22:27 】
| 社労士 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「第一回目テニスレッスン!」
本日、メガロス千種でのテニススクールの記念すべき第一回目。
フォアとバックの練習をした。

フォアはラケットを引くときに下に構える事、手首を返すこと、打点は体よりも前にあること、打った後、そのまま打面を維持すること、打った後に手首を返さないこと、体をひねらないこと、打った後左手で右手をつかむイメージ、などが注意点のようだ。

バックは、フォアの注意点と共通なものが多かった。

次は火曜日の夜の予定。


【2007/09/08 21:31 】
| テニス | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム|