「訴状が届いていないのでコメントできない・・・」
訴えを起こされた企業が、マスコミの取材に対するコメントで

「訴状が届いていないのでコメントできない・・・」

と答えているケースが多く見られます。

常識的に考えても、訴状は訴えが起こされたその日に相手方に届くことはないだろうと思いますが、

実際には、いつころ届くのだろうか・・・という素朴な疑問が湧いてきました。

いろいろ調べたところ、参考になるサイトが見つかりました。

http://homepage1.nifty.com/lawsection/yomoyama/commoncomment.htm



(以下引用)

「訴状をみてみなければコメントできないならば、さっさと訴状をみてコメントせい!」と思われるかも知れませんが、これが1日2日でできる話ではありません。訴訟に際して原告がわざわざ「これが訴状の内容です」と持ってきたりするならば別ですが、裁判所から訴状が被告に届くのは、訴えを提起してから1週間とか2週間も経ってからなのです。

なんでそんなに時間がかかるのかなのですが、これは裁判所の内部手続が次のようになっているからです。

訴え提起 (裁判所に訴状を提出する)



裁判所の事件受付係が訴状の内容を確認し、記載漏れや印紙の不足がないかをチェックする



問題があれば訂正した方がよいむねを指導し、問題がなければ受理する。

(この時点で裁判所に訴えが提起されたといえる)



裁判所の事件受付係から実際に裁判を担当する部に配転される

(これに数日かかる)



配属された部で書記官が訴状の記載内容などをチェックし、問題がなければ裁判官に回す



裁判官が訴状を確認して、補正すべき点が有れば書記官を通じて補正を命ずる



同時に担当書記官から原告(代理人がいる場合にはその弁護士)に電話やFaxで裁判進行に関する照会をする



原告あるいはその代理人から照会の回答がくる

(これにも数日かかる)



書記官が期日簿をみて第1回の期日の候補日を選んで、原告(代理人弁護士)に電話やFaxで照会する



原告(代理人弁護士)が法廷に出廷できる日程を選んで期日を決める

(場合によると弁護士が不在だったりして1日では決まらなかったりする)



第1回期日が決まったところで、送達の準備をする



書記官が訴状を被告にも送達する



訴状の送達は特別郵便なので、郵便局員が届けて受領の判子をもらう

相手が不在の場合には再度届けるなりする

(これにもまた数日かかる)



被告が訴状を受領する



この時点でようやく訴訟が係属する(裁判をすることができる状態になる)



第1回期日



という具合なのです。

こうなると、訴状が裁判所の中をくるくる回っている内に数日が経ち、被告に届くまでにはどうしても1週間や2週間はかかるのです。



訴えた側は裁判所に訴状が受理されたその日に記者会見をして「本日訴訟を提起しました」と発表します。しかし、被告が訴状を見ることができるのはまだまだ先です。この段階でコメントを求められても、既に説明したように、実際のところ応えられようがないのです。

(中略)

そこで、大体どんな裁判でもコメントを求められた被告は紋切り型の回答しかしないし出来ないのです。



(引用終了)



ということのようです。

訴訟の提起から1・2週間を経過しないと、被告に訴状が届かないのはマスコミの方々も重々承知でしょうから、コメントを取るほうも少しは取材方法を考えては・・・、と思います。わざわざニュース等で「訴状が届いていないのでコメントできない・・・」と伝えるバリューはない!

☆おまけ

たまに上記のケースで、「訴状を見ていないので、コメントできない」とコメントする会社があります。

上記で訴状の流れを理解すれば、訴状を「見ていない」のではなく、「見ることができない」又は「届いていない」のでコメントできない、と発表すべきです。マスコミが聞き間違いをしている可能性もありますが・・・。

詳しくは下記を参照してください。

http://www.tackns.net/word/sojowo.html

【2007/06/27 20:00 】
| え、えっ!(雑学ネタ) | コメント(0) | トラックバック(0) |
「NHKのど自慢 鐘を鳴らしている人が審査しているのか?」
突然ですが、私は「のど自慢」が大好きです。
個性のある人が、自慢ののどを披露する、楽しい番組ではありませんか。

ところで、個性ある人たちの歌唱力を審査する鐘をたたく人は大変だろうなぁ、そうふと思いました。どんな人が鐘をたたいているんだろうかと、知りたくなりました。


NHKのど自慢 サイトより
http://www.nhk.or.jp/nodojiman/qa/



(以下引用)

Q どんな人が審査員をしているんですか? 鐘を鳴らしてる方が審査をしてるのですか?



A 審査員は音楽プロデューサー・音楽ディレクター、開催される都道府県にあるNHKの番組責任者などの通常5人で構成されています。年間を通してのど自慢を専門に担当する者もいれば、地域のNHKで様々な番組を担当する者もいます。それぞれの専門性に合わせた基準で、出場者・鐘の数を判断し、最終的に多数決で決めています。

審査員は舞台裏の別室でモニターテレビを通して審査しています。

鐘奏者は審査員室からの連絡を受けて「1つ・2つ・合格」の鐘をたたいています。

(引用終了)



ええっ!鐘を鳴らしている人が審査しているわけじゃないんですね。

バンドの紹介をするときに鐘の人も紹介されるし、それも最後に紹介されるから、てっきりのど自慢を牛耳っている人かと(笑)。

審査が多数決っていうのも意外ですね。


【2007/06/24 21:03 】
| え、えっ!(雑学ネタ) | コメント(0) | トラックバック(0) |
「「命!」の芸人って・・・」
昨日、寝る前に、体を使って「命!」の字を示すネタを持っている芸人のコンビについて、ふと考えてしまいました。

そういえば、最近あまり見ていないなぁ・・・(私がバラィティ番組をあまり見ていないため?)。

「命!」のポーズをする芸人は、「ゴルゴ松本」だったと思うけど、コンビのもう一人の名前は覚えていないなぁ・・・(というより、影が薄いなぁ)。

ところで、あのコンビの名前はなんだっけ・・・。

などと考えつつ、床に就いたのでありました。

さて、今日になっても気になったので、調べてみました。




「ゴルゴ松本」の相方は、「レッド吉田」。

コンビの名前は「T.I.M.」。

ところで、「T.I.M.」って、何だ??ウィキペディアにその由来が書いてありました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/TIM

(以下引用)

TIMは「Time Is Money(時は金なり)」を略して名付けた。芸人としてのデビューは遅いため、「時間を大切にしたい」という思いが込められているらしい。



(引用終了)

なるほど・・・。

コンビ名ひとつにも深い(?)意味が込められているんですね。



【2007/06/24 11:12 】
| え、えっ!(雑学ネタ) | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム|